EVENT

彩都やまもりで開催されるイベント、岐阜に関連するイベント情報などを紹介します。

PEOPLE

やまもりでつながるひと・まち・もの。

  • 茶寮ささゆり
    茶寮ささゆり
  • * snow peak
    * snow p...
  • 光嶋裕介建築設計事務所
    光嶋裕介建築設計...
  • 栗林賢次建築研究所
    栗林賢次建築研究...
  • 関西岐阜県人連合会
    関西岐阜県人連合...

ABOUT

  • 加子母子屋
  • 彩輝館

自然と都会を繋ぐ、大きな循環。
心の住処を体験しよう。

彩都やまもり saito yamamori(関西岐阜県人連合会)

彩都やまもりは、関西と岐阜県を結ぶプラットフォームです。
大阪府箕面市彩都から、彩都という地域と、ふるさとの大切さ伝え、深く関わりあいながら、
岐阜県のもの・ひとの魅力や情報を発信していきます。

彩都やまもりは、ギャラリー・カフェ・オフィスを備えた
「彩輝館」と、桧づくしのモデルハウス「加子母子屋」からなり、

今後も岐阜・東濃の桧の魅力や伝統的な建築技法の奥深さを
体感できる新しい棟が建設予定です。

岐阜県と関西―関西岐阜県人連合会とは

「ふるさと」ーそう耳にすると、田舎の田園風景や山や川を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ふるさととは、本来生まれ育った土地を指す言葉ですが、都市に生きる現代人がこの言葉に田舎の風景を重ねるのは、地方に残る伝統や文化、人々のいとなみ、つながりに懐かしさを覚えるからかも知れません。

関西岐阜県人連合会は、大阪・京都・神戸という関西の都市圏と岐阜県という地方をつなぎ、県の出身者だけでなく岐阜に関心のある方にふるさとの魅力を発信していくコミュニティです。

やまもり(山守)とは

「岐阜は木の国 山の国」と岐阜県民の歌にもうたわれるように、岐阜県は森林が県土の約八割を占めるわが国有数の森林県です。

私達は、豊かな森林からもたらされる数々の恵みを受けながら、幾世代に渡って森の文化・木の文化を育み、社会経済の発展を遂げてきました。
なかでも岐阜県中津川市(旧加子母村)のひのき林は、江戸時代から計画的な伐採がおこなわれ持続可能な林業体制が確立されました。

その中で山の管理を託されたのが「山守」。山守による徹底した管理のおかげで山が守られ、檜を中心とする暮らしと文化が形成されました。

彩輝館

彩輝館とは

彩輝館は、大阪・彩都と岐阜・加子母という二つの土地、ひいては関西と岐阜県とを結ぶプラットフォーム「彩都やまもり」の中核的な機能を持ち、豊かな建築のチカラで広く地域社会に輝きをもたらす拠点となることを目指した施設です。

柔らかい光が入り込む1階には、イベント・展覧会など地域交流・情報発信の場として自由に活用できるギャラリーとカフェを配置。

カフェの吹き抜けに面した2階にはオープンオフィスを備えています。

それぞれの空間は区切られることなく、全てを包み込むような大きな屋根によって一体となるようにデザインされています。

設計:光嶋裕介建築設計事務所

彩輝館 施設案内PDF

ギャラリーについて

漆喰の壁が印象的なギャラリースペースは、絵画、彫刻、建築などの展覧会のみならず、岐阜県の情報発信や、地域住民のための交流や各種発表会など、多様で柔軟なイベントスペースとして活用していきます。

ギャラリーレンタル規定

利用料:1日4,000円  開館時間:9:00~17:00
定休日:毎週火曜日、第2・第4月曜日
※地域活動などで営利を目的としない場合、利用料の免除があります。

加子母子屋は、柱や床。梁や軒裏まで徹底して岐阜県が誇る東濃桧にこだわった桧づくしの住宅です。

屋根にはトップライトを設け、四季折々の風と光を取り込み、室内の空気が循環して快適に過ごせるように設計されています。

壁や間仕切りは最小限にとどめ、家族構成の変化や子供の成長に応じて部屋のレイアウトを変更できる柔軟な住宅です。

モデルハウスとして開放していますので、いつでもどなたでも内部をご覧いただけます。

設計:栗林賢次建築研究所
加子母子屋 施設案内PDF
加子母子屋

ACCESS

〒562-0028 大阪府箕面市彩都粟生南1-17-26

072-739-6046
営業時間 9:00~16:00
定休日 火曜日・第2,4週月・火曜日

お車でお越しの場合

名神高速道路 茨木IC下車15分

電車でお越しの場合

大阪モノレール彩都線彩都西駅下車 徒歩15分

TOP
TOP